【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

崎山造船所

崎戸島を走っていると、気になる光景が目に飛び込んできた。

二本の船台が見える。入り江に静かに佇む使われなくなった造船所であった。

スッと引かれた二本のレール。船を大海原へと導く道しるべ。

造船所にはもう一つの顔がある。

使われなくなった船の終着駅、解体場だ。大小様々な船が長い眠りについていた。

大きな船が目に飛び込んでくる。

船底に魚倉。漁船だったようだ。

持ち主が、ここに現れることはもうない。

やはり、船は海に出たいのだ。船台の方へ行ってみよう。

多くの船を送り出し、迎え入れたレール。

海面には海月が漂う。

初夏の太陽が眩しい。まるで大海原へ誘うかのようだ。

体験を共有できる仲間は何物にも代えがたい宝物。自分たちはまだまだ現役の船。廃墟という大海原を今日も旅する。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる