【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

志高ロープウェイ(船原山駅)

娯楽施設である別府ラクテンチと志高ユートピアを繋ぐ、壮大なる志高ロープウェイ。「別府ラクテンチ – (リフト) – 立石山駅 – (ロープウェイ) – 船原山駅 – (リフト) -志高ユートピア」

↑今回は上の黒文字船原山駅の探索だ

志高ユートピア側から歩みを進め、若干迷ったが、一か八かで登り続けると小屋を発見。それは監視室でリフトも発見できた♪

この心臓破りの急斜面を登り続ける。たまに、脇の森の中にあるリフトを撮り戻ってくる。

リフトはすっかり自然と同化。再稼働するなら、草木を取り除かなければならない。※この山頂側のリフトは白一色。ラクテンチのある麓側のリフトは、色とりどりカラーと聞く。

傾斜がキツい。道が長い。自然の枯れ草が、ちゃっかりリフトを利用している。ずるいぞー。

汗をかきかき、リフトの最終地点に辿り着いた。この辺りに、ロープウェイ乗り場がたぶんきっとおそらくあるんだ。

周囲は360度、緑に覆われている。

時に背丈以上の草木を掻き分けて探す。迷わないように細心の注意。





少し諦めかけた時…。人工物のようなものが、遠くでチラリと見えた。





ついに辿り着いた。船原山駅!!

本当に嬉しかった。心地良き疲労感と達成感。この場に立った時、一人で思わず雄叫びを上げてしまった。

ゴンドラも残っている。プレートには「昭和59年3月製造」

中をチラリ☆

上向き加減で威張ってるみたい(笑)

そして、足が可愛いこと。

お目めも、キラキラ…☆

階段を登ってみよう。

ちゃんと滑車も残っていた。山深い森の中で静かに余生を送っている。

管理室。左手の黄色いダイヤ表を見ると、15分毎に行き来していたことがわかる。賑わっていたのだろう。

この先には立石山駅があるはず。いつの日か必ず訪問したい。それは暫く先になりそうだが、待つ時間が長ければ長いほど、喜びも大きいのだ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる