【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

常磐炭田 中央選炭工場

常磐炭田は福島県から茨城県に連なる広大な炭鉱。内郷、好間、湯本、茨木と四つの地区があり、今回は内郷地区の中央選炭工場にやってきた。

近くで見ると、本当に巨大な遺構だ。遠く車中からでも確認出来、それが徐々に近づいてくる高揚感は格別だった。

あの巨大ホッパーが圧巻‼

巨大!巨大‼巨大!!!稼働していた頃の轟音が、今にも聞こえてきそうだ。

ほんとにデカイ。奥の本丸へ行こう。

SF映画のワンシーンみたい。※伝わらないと思うがゲームの「グラディウス」の気分

幾何学的な構造美。

そして今年も季節は巡る。上の筒から雫がポツポツと滴り落ちている。

二階への道は完全に寸断されている。

先人たちが果敢にチャレンジし断念した跡も伺える。



Departureは



登頂済み

当時の鉱員達の日常が垣間見える。時が完全に止まっているような空間。人の動きで空気も波打つのだろうかとさえ思う。

今回は再訪なのだ。夕焼け色にコンクリートが染まってきた。とっておきのあの場所へ行こう。





住吉坑道。両端の2つの坑道は、コンクリートで完全に封鎖されている。昔、有毒ガスによる大きな事故があったらしい。

黄昏時に赤レンガ。禁断の組み合わせ。

手前はお釜。きっと、鉱夫たちのお腹を満たしていた。



内部通路を進むと



待ち望んでいた



廃墟美が待っていた

現役の頃は、ここに大きな扇風機が設置されていたと聞く。

自然と産業遺産の融合は時に、えもいわれぬ造形美を生み出す。

再訪なので、ある程度心の準備は出来ていたが…黄昏時は反則だった。ここは廃墟探訪の奥深さを教えてくれた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる